読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元気になぁれ!

父が病気になりました。記録を残します。

3D・かすかな希望

やはり麻酔下の管理になってしまったことで

母はかなり落ち込んでいたし

私自身もかなり凹んでいたけれど

顔をみたいので夜また面会に…

 

父は人工呼吸器をつけて寝ていて

機械が強制的に肺に空気を送り込んで

くれてるので、自分で一生懸命呼吸を

するという苦しさはないのが救い

 

付き添ってくれた看護師さんが

色々と状態の説明をしてくれる

 

熱は今は少しさがってること(37℃台)

電解質のバランスが崩れて心房細動が

でたので、電解質の補正とAEDを使用

したこと。その後は安定してること。

 

「明日、もし安定してたら気管チューブは

いれたままですが意思の疎通がはかれる

くらいに麻酔を浅くする計画です。

抗生剤も今日から1種類追加しました」

 

数日は寝かせておくのかなーと勝手に

想像していたので、ちょっと嬉しい情報

 

何より対応してくれた看護師さんが

とても柔らかい笑顔で、忙しいなかでも

こちらの質問に答えてくれたので

 

父の状態が改善してきたわけではないけど

先生や看護師さんたちが前向きに治療を

頑張ってくれてることを素直に嬉しく感じ

 

ありがたいと思うと同時に、それに

身体が応えてほしい、応えてくれるよね?

というかすかな希望を感じました