読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元気になぁれ!

父が病気になりました。記録を残します。

2D・肺炎の治療

すでにかなり重篤な肺炎の父

 

高齢であり、肺水腫もおこしているので

呼吸状態もよくない。

 

通常ならばSPO2(酸素飽和度=酸素を身体中に

運ぶヘモグロビンがどれだけ酸素と結合して

いるか)は90%を切ることはないのに

入院時で80%台、いま酸素マスク装着で

6〜7L/分と多めの酸素を流しているのに

それでも90%前半…

 

肺がうまく酸素をとりこめてないのです。

本人もとても苦しいので頑張って呼吸を

していて体力も消耗していってる。

 

このまま呼吸状態が悪化していくようなら

人工呼吸管理の使用も考えています、と先生

 

全身麻酔下で呼吸器管理をして

肺炎が改善するのを期待するという

 

麻酔下であれば、本人はたぶん苦しさを

感じないですむし、体力の消耗もある程度

おさえられるというメリットはある

 

けれど、白血球があんなに減っていて

抗生剤は効いてくれるんだろうか…

 

もし、抗生剤が効かなかったら???

麻酔をかけたまま亡くなる可能性もある…

 

先生にその可能性を確認する。

「もちろんその可能性もあります」

 

「ただ」と先生は言葉を続けた

「それをすることで治せる可能性がある

と思うから提案しています。基礎疾患も

ないし、十分頑張れる可能性があります。

可能性がない方には正直いってこういう

提案すらしません」

 

可能性があるのならお願いします…

母と私は頭をさげた