読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元気になぁれ!

父が病気になりました。記録を残します。

12D・寛解導入療法

今後の治療についての説明がありました

いただいたメモ+自分で調べたことも含め

メモとして残しておきます↓

 

まずは抗癌剤を投与する寛解導入療法を行う

 

IDR-Ara-C療法

イダマイシン(抗癌性抗生物質)と

キロサイド(代謝拮抗剤)を使う

 

1〜3日目はふたつの薬剤、4〜7日目は

キロサイドのみを投与していく

 

イダマイシンの副作用としては心毒性、

キロサイドは発熱や倦怠感、アレルギーなど

共通の副作用としては吐き気、脱毛

粘膜障害、そして骨髄抑制など

 

1クールのながれは….

1週間、抗がん剤投与

           ↓

その後2週間、白血球数がほぼゼロに

           ↓
順調にいけばその後1〜2週間で

ある程度までは白血数が回復

           ↓

調子がよければそこで一時退院?

 

これを数クール繰り返して寛解を目指す

治療全体としては半年位かかるとのこと

 

この治療法、高齢者では選択されない

ことが多いらしい。けれどうちの父は

幸いなことに基礎疾患もなく、状態も

いいのでいけるだろう、と

 

ただ、もしも副作用などが強くでる場合

キロサイドを7日ではなく5日に短縮したり

することもあり得ると…

 

こればかりはやってみなければわからない

 

まずは白血病の治療の入口まで辿り着いた
ことを感謝!!

 

父の体力、精神力、生命力、運を信じて

現代医療を信じて、病院スタッフを信じて

 

父の頑張りを、家族みんなで支えて

いければいいな