読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元気になぁれ!

父が病気になりました。記録を残します。

10D・とれた!

夕方遅くなってしまったけど母と一緒に面会

 

ICUの面会は、入口でインターホンを鳴らすと

患者の名前と関係性を聞かれる。そして

担当の看護師さんが入口まで迎えに来てくれる

まで待たされる。処置中だと処置が終わるまで

何分でも待たされる

 

忘れられてるのかなーと思うこともあるくらい

それまで、今日はどうかねー熱ないといいねー

少しでもよくなってるといいねーと話す

 

看護師さんが「お待たせしました」とくる

 父に会う前に心構えがしたくて

「今日は熱ないです?どうです?」と聞く

 

「あ、熱はないです。あとチューブを

抜きましたから喋れますよー」…え??

 

経過がよければ来週あたりと言われた

気管チューブ抜去!!人工呼吸器関連肺炎

のリスクもあるから早く抜けないかな〜と

思ってた。

 

何よりチューブがはいってると、喋れないし

食べられないのが辛そうで…

 

それが、なんとあっさりと抜かれていた!

 

これには母も私も「え!?そうなんですか!」

とついつい大きな声をあげてしまった

 

病室に行くと父が「おー」と声を出す

人工呼吸器つけてから1週間!

よくぞ耐えてくれました!

 

飲食は?と聞くと、さすがに今日はまだ

うがいだけ。明日には嚥下のチェックして

大丈夫ならお粥が食べられるとのこと

 

人工呼吸器とつながってないから

頭が動かしやすくなって、新聞を自分で

読んだりもできるようになってる

 

ボケそうだから、簡単なナンクロとか

頭を使うゲーム本を持って来て〜と言う

…元気、やる気充分!

 

看護師さんにも「我慢強く本当に

頑張りましたねー」と言ってもらえて嬉しそう

 

経過がよければ週明けには一般病棟に

うつれるかもしれません、とのこと!

 

面会のあと、母が嬉しくって涙でると

言ってました。同じく。

 

2度と父と話せない、父の声が聞けないと

覚悟してから1週間…全体からみたら

小さな一歩だろうけど家族にとっては

本当に大きな一歩になりました