読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元気になぁれ!

父が病気になりました。記録を残します。

6D・面会前

面会前にいきなり看護師さんから

「どこまでご本人に話されますか?」と

聞かれた。病名や病状のことらしい。

 

本人が「昨日、家族が医者から説明を

うけたはずだ」ということを看護師さんに

言ってくるらしい。

 

昨日、軽く説明したはずだけど

あんまり聞いてなかったのかな…

 

看護師さんは「ご家族と統一したいので」

あと「あまり深刻に伝えてご本人のやる気を

なくさせてもよくないので」とちょっぴり

嫌なことを言う

 

「どうしたらいい?」と母が言うので

「病名は急性骨髄性白血病だと知ってるから

それはいいけど、M0だとかの分類はまだ

骨髄検査の結果でてないから、でいいと思う。

 

例え言ってもわからないかもしれないけど

スマホとかで調べれば簡単にわかっちゃうし

 

今の肺炎治療頑張って、その先に

また白血病の治療があるのはわかってるけど

それが辛いものになるとかは今は知らなくて

いいでしょ。」

 

「病状に関しては、昨日の説明だと

あまり治ってる感じもしない言い方だけど

熱下がってるね、とか本人がわかることで

前向きになる内容だけ伝えればいいと思う」

…と私の意見を伝え、それが採用されることに

病気の説明はあなたして、と母が言うので

昨日と同じ内容を改めて父に伝えた

 

父はうんうんうなずきながら聞いて

親指をぐっと立てて了解の合図

 

「そういえば、さっき看護師さんから聞いた

けど、これからリハビリで机の横に座ったり

車椅子に乗ったりって練習もすこしずつ

進めていくってよ!」と伝えると

ほんと?と父の顔が少し明るくなった

 

父の筆談の内容をみると

何か食べたい、飲みたい

食べる夢を何回も見た  などと書いてある 

 

一応、鼻から栄養カテーテルはいれてて

カロリーはある程度摂取できてるけど

やっぱり身体が水分・栄養取れてるって

いうのと、口から飲食するっていうのは

全然違うよね…

 

早く気管チューブがはずせれば

いいんだけど… 

 

あと、寝たきりなのでカカトが痛いらしい

ヒゲも剃りたいと言っていた

 

いつもチャカチャカと自分で自分のこと

なんでもやってる父だったから、きっと

今の状態はもどかしいだろうなぁ…

なんとか乗り切ってほしい