読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元気になぁれ!

父が病気になりました。記録を残します。

2D・病状説明2

白血病には色々な型があり、確定診断には

今日やった骨髄検査の結果を待つ必要が

あります。結果がでるには数週間かかります」

…と先生。

 

ただ、ほぼ間違いなく「急性白血病」で

大人に多いのは「急性骨髄性白血病

 

白血病によって、骨髄内で異常な血球細胞が

無限に増殖し、正常な血球を作ることが

できなくなる病気です

 

白血病の死因は…と先生は続けます

ひとつは白血球の減少による感染症

もうひとつは血小板の減少による出血

あとは腫瘍そのものによる臓器障害

 

酵素の上昇もあり、ビリルビンの値も

あがっているので(つまり黄疸)

肝臓にも腫瘍が浸潤しているかもしれない

 

でも、それよりなにより、いま父で一番

問題になっているのは「感染症=肺炎」

 

白血病の治療は主に抗癌剤の投与になるが

いますでに感染が起きている状態の父に

抗癌剤を投与してしまうと、免疫抑制により

ますます感染が酷くなってしまう…

 

まずは肺炎をコントロールしなければ

白血病自体の治療にとりかかれないのです